new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/8

【STATIC】アドリフト クルー / Adrift Crew (Black)

12,100円

送料についてはこちら

  • XS

    ¥12,100

    残り2点

  • S

    ¥12,100

    残り3点

  • M

    ¥12,100

  • L

    ¥12,100

    残り2点

フリースとして使うOcta®CPCP® 近年、急速に拡大したアウトドアウェア、アクティブインサレーションカテゴリ。 主に海外ブランドが先行して商品開発を行なっていました。 そんなアクティブインサレーションの中綿素材の1つとしてTEIJIN Octa®CPCP®があり、その軽量性と高い保温力を持つ素材でした。 STATICでは通常ナイロン素材の裏地素材のOcta®CPCP®を1枚地で使う選択をしました。 標高が高く乾燥した気候で開発を行なっているブランドの製品は、Octa®CPCP®をシェル素材でパックしているため重く、保温着として持ち運ぶことの多い日本ではレイヤリングしにくいと考えたからです。 特殊なメッシュ構造のため、一般的に薄手と言われる300g前後のフリースと比べ圧倒的に軽く、重量比の保温性が非常に高く携帯性に優れるのでオールシーズン活躍します。 カラビナ2枚分、110gの超軽量フリース メッシュ構造のおかげで通気性が高く、熱の籠りがほとんどない。 つまり行動中に着用したままでも蒸れにくく、着脱の回数が減り、山行をスムーズにしてくれます。 また稜線に出て風が強い時や休憩中などには、上からウィンドシェルやレインウェアを重ね着することで一気に保温力を確保できます。 レイヤリングすることでストップ&ゴーを繰り返す山行ような山行にもお勧めできます。 アドリフトクルーは、フードやセンターファスナーなど「あれば便利な」機能を省いた、シンプルフリース。 必要最小限の機能だけを残し軽量化しました。 クルーネックはレイヤリングしやすく山でも街でも使いやすくマッチします。 ■Octa®CPCP® 表のメッシュ素材に保温材になる異形断面中空ポリエステル起毛繊維を一体化させたメッシュフリース素材のOcta®CPCP®。 その軽さと暖かさ、熱抜けの良さが特徴のポリエステル生地。 通常は裏地として使うがSTATICでは単体フリースとして採用しました。 《素材特徴》 ●軽量感:同じ直径のポリエステル繊維に比べて、2分の1程度の軽量感を実現 ●吸汗速乾性:同じ直径のポリエステル繊維に比べて、2分の1程度の軽量感を実現 ●遮熱性:中空部と8本の突起による空間に含まれるデッドエアーが遮熱効果を実現 [2023年版アップデート情報] ●全体的なサイズ感の調整を行いました ●具体的には身幅約2cm・着丈約1cm・袖丈約4cm伸ばしてよりリラックスフィットに変更しました ●袖口はシンプルな仕様に変更変更しました 環境性 SUSTAINABILITY ● 2023年秋冬より業界に先駆けて53%リサイクル素材になりました ●リサイクル化によりバージンポリエステルのOctaCPCPと比較し生地製造時におけるCO2排出量を23%削減 ●OEKO-TEX®認証(※)を受けた日本国内工場で生産した生地を使用しています ●生地の染色工程においては石油ではなくバイオマス(植物由来)を使いCO2排出削減しています ●製品製造工程で発生する裁断ゴミは焼却処分せずに新しい生地として再生されます ●ブランド・サイズタグ・品質表示: ペットボトル由来リサイクルポリエステル100% ※OEKO-TEX®認証 エコテックス®は、日本の安全基準をはるかに超える、350種以上の有害物質を対象とした世界最高水準の安全な製品の証明をはじめ、生産にたずさわる人や環境への負荷にも配慮したサステナブルな工場の認証など、繊維ビジネスにおける、世界に通ずる安全の証です。 【Color】Black 【Size】 ■XS…身幅 52.5cm / 後着丈 67.5cm / 袖丈 62cm ■S...身幅 54cm / 後着丈 69cm / 袖丈 63cm ■M...身幅 56cm / 後着丈 71cm / 袖丈 64cm ■L...身幅 58cm / 後着丈 73cm / 袖丈 65cm  ※平置き採寸になります。(単位:cm) ※サイズ表記は目安となり、お手元にお届けする商品と表記サイズの間に多少の誤差が生じる場合がございます。 【Fit】リラックス 【Fabric】Octa®CPCP®ポリエステル100%(うちリサイクルポリエステル53%) 【Weight】110g (size:M) これは一体どんなときに着るのか?疑問を持つ方も多いのではないでしょうか。薄く軽く、通気性抜群で保温は最低限… ベースレイヤーとのレイヤリングが想定できますが、使い方は本当に自由。 ●ベースレイヤーだけでは肌寒いとき、でもシェルを着てしまうと熱がこもって暑くなってしまうことは避けたい ●インサレーションほどの保温性は求めないけれど、早朝の歩き初めにはちょっと温かさがほしい などなど、一年中、さまざまなシーンで活躍するのではないでしょうか。 とても軽いので、携行性にも優れています。 ベストやフーディーもあるので、用途やお好みに合わせてどうぞ!

セール中のアイテム